台北の歌舞伎町・林森北路に生息!死ぬほどしつこい粘着ポン引きババア達


こんばんは、エックスです。

 

今回はエックスが大好きな国の一つ・台湾の台北のナイトスポット「林森北路」についてのエピソードです。

 

台北の歌舞伎町「林森北路」

林森北路(リンセンペイルー)とは、台北の歌舞伎町と言われっる歓楽街で、

 

この道を中心に日本人向けのKTVがたくさん集まっています。

 

女の子達は日本語が流暢で、完全に日本人向け。

一説によると、台湾の日本統治時代にこのエリアができて今も残っているのだとか。

 

駐在員や出張中の日本人サラリーマンの姿をよく見かけます。

 

この周辺にはKTV以外にもバーや飲食店、マッサージ店等がありますが、

 

日本人の皆さんに強烈に印象的なのは、何と言ってもクッソしつこいポン引き達でしょう笑

 

場所

場所はこの辺り

ストリートビューで見るとこの辺り。

例えばこの路地に入って見ると

このように夜はKTVとして営業しているお店が数多く軒を連ねています。

 

台北のエロ事情

エックスは台湾という国が大好きです。しかし贔屓目に見ても、

 

はっきり行って台北はエロ不毛の地です。

 

KTV

最も手っ取り早いのがこのKTVですが、値段が高い。

 

飲み代と女の子持ち帰りでショートで約3万円を超えます。

女の子は可愛い子もいますが、少し時間が遅くなると途端に売れ残りしかいなくなりますw

一部の可愛い子以外は大したことないのでコスパは低いと言えるでしょう。

 

一応有名なところは、「プレステージ」と「G線クラブ」の2店。

両方とも上で紹介した地図の周辺にあります。

 

ポン引き

今回のテーマはこれ。林森北路の名物 めっちゃめちゃしつこいポン引きババアw

 

歌舞伎町のキャッチなんかインポに思えるほどのしつこさです。

 

コンビニの中に逃げても平気で追いかけてきますw

この手のしつこさがダメな人は本当にダメでしょう。

1月に友人と訪れた際には、性欲の塊みたいな友人が、ポン引き達のあまりのしつこさにインポになって寝てしまいましたw

 

ポン引きのシステム

その1

ますは、林森北路を歩いてポン引きに話しかけられてください。とても簡単です。

奴らは日本人がいるとわかるとすぐに駆け寄ってきて流暢な日本語で話しかけてきます。

 

その2

ポン引きに人気の少ないところに連れて行かれてください。

 

その3

ポン引きが次々に女の子を電話で呼びます。どこからともなく女の子達がやってきます。

徒歩でくる場合もあれば、車に乗ってくる場合もあります。

 

その4

気に入った女の子がいたら金額を確認してホテルに連れて行きます。

諸事情により自分の宿泊先に連れて帰れない場合には、近くのラブホを紹介してくれます。

金額は大体NT3,000~3,500(12,000円〜14,000円)程度でしょうか。

 

注意

このエリアにはポン引きがめちゃめちゃいます。

ただし、これらのポン引きが呼んでくる女の子は基本同じです。

 

女の子がどこかの業者にプールされていて、ポン引きがその営業代理店的な存在なのでしょう。

なので、ポン引きに女の子を一通り見せてもらって気に入った子がいなかった場合、

 

他のポン引きに女の子を紹介してもらっても同じ女の子がきますw

 

少し時間を空けてから女の子を紹介してもらいましょう。

 

エックスの所見と体験談

何度も言いますが、このポン引きたち、本当にしつこいです。

素通りはなかなかできないでしょう。

 

名刺や、こんなのを配っています。

とはいえこの林森北路のポン引き、エロが少ない台湾でまあまあ良心的な値段で女の子とセックスができるため、

台北に行くたびに毎回ポン引きに女の子を紹介してもらいます。

 

しかし、エックスは実は一度も女の子を選び対戦したことがありません。

 

その理由は、

①可愛い女の子があまり多くない

②可愛いかな?と思っても整形臭い女の子が多い

③バンコクのゴーゴーガール並みに擦れ擦れの女の子が多い

 

そのため、正直あまりお勧めはできませんw

 

ただし、ポン引きのババアが結構日本語が上手で絡むだけでも楽しいので(エックスはポン引きと絡むのが好きですw上海でポン引き2人と居酒屋に飲みに行ったことがありますw)

 

海外中級者以上の方は、暇つぶしに立ち寄って見ても良いかもしれません。

 

エックスの場合は、

とあるポン引きは、おそらくそのポン引きの提携先であろうラブホの一室で、次々に来る女の子を見せてもらったことがあります。

その中で顔がかなり濃いめ、あまり東アジア人ぽくない子がきて、ポン引き曰く台湾の原住民の血を引いている子だとのことでした。

 

台北に来るたびに「今回こそは、今回こそは」とポン引きが紹介してくれる女の子の中から良い子を探しますが、未だ見つけたことがありません。

 

次回台北に行く時にはおとなしくKTVを試してみようかな、と考えています。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。