超絶美しいまんこの持ち主と1年半ぶりの再会。そして悲しい結末。


こんばんは。エックスです。

週末のバンコクセックス旅行が数日後に迫り、性欲が治りません。

今回は、またまたバンコクネタですが、風俗嬢と1年半ぶりの再会セックスを楽しんだ時のエピソードです。

出会い

その風俗嬢との出会いは2014年の2月のこと。

このブログに何度も何度も登場している今はなき伝説のマッサージパーラー・ナタリーを訪れた時でした。

過去のナタリーの記事はこちら!↓(今回の記事の内容とは、ナタリーネタという以外は無関係です)

バンコクの伝説のナタリーでチンポ爆発級の奇跡の美少女とイリーガルSS○X

 

建物の中を一周して女の子を物色すると、一際輝く色白で肌のハリが半端ない20歳の美女を見つけました。

 

コーラを飲みながら少し話してみましたが、人見知りで大人しめな感じ。

エックスが嫌いな擦れ擦れゴーゴーガール感が一切ありませんw

 

ナタリーは2016年6月に未成年売春斡旋と諸外国からの人身売買でガサが入り潰れてしまいました。

今思えばその子もミャンマーなどの田舎から訳も分からず、または貧しい家族のために連れてこられた純朴な女の子だったのかもしれません。

 

エックスはその子に決めます。3200B。当時のレートで日本円で約1万円強程度でしょうか。

 

ナタリーの女の子は基本的に大人しめですごくいい子が多い。

ベロベロキスしたりど変態な行為をしてもあまり嫌がるそぶりなどは見せず受け入れてくれますw

 

一緒に部屋に入り、イチャイチャタイムからの入浴タイム、ベットに移ってからヴァギンチュをベロンベロンと舐め回しました。

「な、なんと言う狭い穴なんだ!!」

このこのマンちゃんは穴や周りのびらびらが未発達、ピンク色でものすごく美しいマンちゃんでした。とっても美味しくいただきました。

最後に記念写真も快く受け入れてくれました!

再会

その後、エックスはベトナム、ドイツ、中国などなどもちろんバンコクもですが、様々な売春婦たちとのプレイを楽しんできました。

 

そして2015年8月のある日、またまたナタリーを訪れます。

 

そこで見覚えのある顔を見つけたのです!

「あの子は!奇跡の美マンの持ち主ではないか!まさか1年半経ってまだここで働いているとは!」

 

エックスはコンチアに話しかけます。

エックス「ちょっとトイレに行ってくるから、このコーラを見張っててくれたまえ」

 

エックスはトイレの個室に向かいます。

 

そこで、美マンちゃんとのセックスに備え、自家発電で一発発射しますw

 

エックスはちんぽの回復が早く、一発抜いても15分後には回復しています。

 

ただし一発抜くことにより持久力が増し、

美マンちゃんとの長い挿入タイムを確保できるのですw

 

(ちなみに一緒に行った友人は、ナタリーでセックスした後は疲れ果てて、ホテルで寝てしまいましたw 普通はこんなもんなんですかね?w)

 

そして自家発電からロビーに戻り、コーラの残りを飲みます。

 

そしてマンを辞して、美マンちゃんを指名しますw

3200B。インフレの激しいバンコクで、1年半前と据え置きのお値段は良心的。素晴らしきナタリーw

 

美マンちゃんに「覚えてる?」と聞くと、コクっと頷きましたw

 

手を繋いで部屋に入り、美マンちゃんとの1年半ぶりの入浴!

 

そして1年半ぶりのセックス!

 

ちなみにエックスは、基本的に同じ女の子を2度指名はしません。

エックスは常に新しい女の子を求めており、1度セックスした女の子は飽きてしまい、2度目のセックスは満足度が半減してしまうのです。

 

しかし、さすがに1年半ぶりとなれば話は別です。

楽しくセックスできて満足でしたw

悲劇

1年半ぶりに奇跡の再会を果たした美マンちゃん。

 

しかし残念なことに、出会った時に輝いていた美マンはそこにはありませんでした。

 

窮屈なマンホールは拡張されていて、

びらびらは発達してしまっておりました。

美マン美少女は、ふつマン美少女になってしまいました。

 

猛き者も終には滅びぬ

 

どんなに美しい美マンも1年半もあればふつマンになってしまうのですね。

 

哀愁を感じながら今日もちんぽをしまうのでありました。

 

↓日本ブログ村に登録しました。クリックお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。